8月, 2011年

猛暑の連チャン釣行

2011-08-08

6〜7日と連チャン釣行してきました。初日は久比里の山下丸からKさんが企画したカワハギ仕立、集まったのは写真にあるメンバー20人です。初心者あり、ベテランあり、初対面の方あり、飲み友達ありの不思議な仕立船でした。

釣り場は1日に解禁したばかりの剣崎沖、水深は15〜20メートルでした。釣り始めからポツポツのアタリ、でも型はまずまずです。エサ取り攻撃もそれほどではなく、アタリがこないと退屈しちゃいそうでした。

いくらか釣れ始めたのは10時ごろから。タナが上ずって宙でも釣れるようになってからです。1時ごろまではイイ調子でしたが、終盤戦は潮が激流状態。ポツポツの拾い釣りで、2時半に納竿しました。トップはOちゃんの20枚、ワタクシは10枚でした。

そのまま富津まで走り、現地の友人たちといっぱいやってH丸船長宅に宿泊。翌日は同宿で名手Sちゃんを招いたタチウオ仕立でした。

前日も暑かったけど、この日はそれ以上、海上はほとんど無風状態。6時の出船時間前から汗だくです。集まったのは20名、幹事のSさんの釣り仲間です。

数日前からタチウオは好転気味、この日もアタリは活発で釣り開始1時間ほどで全員が型を見ました。その後も食いは衰えることなく続き、7〜23本。この日もトップは前日と同じOチャンでした。さすがです。

ワタクシと言えば、朝のうちは寝不足と二日酔い、少しよくなってきたと思ったら猛暑に太刀打ちできず、ほぼ仲乗り(何も働きませんでしたが)状態。つくづく暑さに弱いことを思い知りました。釣果にも入れてもらえず、わずか5本のお粗末でした。

マルキユー元会長お別れ会

2011-08-04

3日は埼玉県大宮市にあるパレスホテル大宮で行われたマルキユー元会長、故中村和敏様のお別れ会に参列してきました。

中村さんは釣り業界にいる方なら、だれでも知っているはず。マルキユーを釣りエサの専門メーカーとして確立させたのは中村さんです。

中村さんは左の写真にもあるとおり、人がおいしいと思わないものはお魚さんもおいしいとは思わない、をモットーに、その場でサナギを食べてしまうこともありました。常に環境に配慮した釣りエサ作りを目指していたのです。

とても暑い一日でしたが、参列者は実に800人ほどが集まりました。式は13時半から始まり、弔辞やお別れの言葉をいただき、最後に献花をして別れを惜しみました。合掌。

雨にたたられた新潟釣行

2011-08-02

ちょっと間が空いてしまいまして、スミマセン。7月29〜30日にかけて釣行した新潟釣行の模様をお話しします。

29日の昼ごろ出発しましたが、予報では雨。越後川口インターから見る信濃川は増水、泥濁りでした。まさかこの後、新潟県を未曾有の災害が襲うとは夢にも思いませんでした。

往路の途中で29日の夜釣りは出船中止の連絡。引き返すわけにもいきませんので、そのまま寺泊に向かいました。

船宿の番家で一泊して翌日に備えますが、やはり出船中止。やむなく寺泊のアメ横で時間つぶしです。

名物はカニ。1匹1500円のズワイガニを買ったら、ベニズワイがおまけに付いてきました。

午前釣り、午後釣りのいずれも中止になり、夜釣りのみ出船がかないました。狙いはアジ。港前の海は雨水で泥濁りです。

海はベタナギ、アジもイカも釣れて取材はバッチリでした。一時、通行止めだった関越道も帰るころには解除になって、何事もなかったように帰京できました。

自宅に着いたのは午前3時半過ぎ。例の地震があったころですが、まったく気づきませんでした。久しぶりに爆睡と思ったのですがなかなか寝付けず、結局はいつもの時間に起きて、夜は飲みに行っちゃいました。

Newer Entries »

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2011年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.