1月, 2011年

船宿の新年会

2011-01-18

昨日は内房M丸の新年会にお呼ばれしました。場所は白浜にある旅館「清都」です。午前中で仕事を切り上げ、東京駅からバスで木更津駅へ、迎えのSチャンの車で現地に向かうというコースです。

M丸さんは大手船宿、船長や仲乗りさんたちとその家族、港でおもてなしをするパートのおばちゃんたちを含めて、総勢30人近くの大宴会、旅館は貸し切りです。

6時開始。まずは静かなムードでの幕開けでしたが、それも時間がたつにつれて賑やかになっていきます。しばらくして場を盛り上げる芸人さん(?)が登場して、仮装用具の大盤振る舞い。ワタクシを含め、皆さんが仮装してのカラオケはそれはそれは抱腹絶倒の楽しいひとときでした。

9時ごろから部屋を移して2次会に。もうほとんどの方がヘロヘロ状態。酒宴は12時過ぎまで続きました。そのまま泊まって朝食をいただき、再びバスに乗って帰京しました。

午後から会社仕事でしたが、二日酔いこそないものの眠いこと眠いこと。そろそろ切り上げて、新年会第2弾に備えることにします。今日は川口の中華屋さんで某船宿の常連さんが集まる宴会です。今日もウコンの世話になります。

タチウオ釣行とラーメン

2011-01-17

土曜日は内房金谷から生きイワシのタチウオ取材でした。生きエサの確保がこの日から可能になったようで、同港の釣り船は一斉にこの日からタチウオ狙いを始めたようです。

同行は富津のタチ娘、Sチャンです。聞いたところによると、生きイワシの釣りは初めてのこと。切り身エサでは肩を並べる者なしの彼女ですが、生きエサでどんな釣りを見せてくれるか、とても楽しみです。

出船した時はいいナギでしたが、10時くらいからざわざわし始めました。徐々にウネリもたってきて、11時には早揚がりとなってしまいました。詳しい模様は次号にて紹介しますので、お楽しみに。

予想外の早揚がりとなれば行き先はラーメン、場所から言って竹岡しかないでしょう。ご存じのように梅乃屋鈴屋しかありませんが、最近の好みは後者です。ちょうど昼時だったので、並びは10人くらい。15分ほどで入れました。やはりワタクシの好みに合っています。スープまでしっかり飲んで完食しました。

そのまま現地に泊まって翌日はスピニングアオリの予定でしたが、早ばやと連絡が入って中止決定。家路につきました。

翌、日曜日は何も予定なし。午前中、自宅療養している横浜の友人宅に見舞いに行って、午後からはギャンブル三昧。競馬、パチンコとやりましたが、いずれも惨敗。おまけに錦糸町に向かう途中にお巡りさんに捕まってと、散々な一日でした。船が出ないといいことないですね、つくづく身にしみた一日でした。

さあ、今日から新年会の3連チャン。初日は南房白浜まで遠征です。ウコン、いっぱい飲んでがんばらなくちゃ。

釣りの帰りは大辛ラーメン

2011-01-12

昨日は外房小湊の新傳丸からフラッシャー五目→アマダイのリレー釣り取材でした。ご存じのように、この日は関東地方でもっとも寒かった日。朝2時半に家を出て、鴨川の山越えをしている時、車の外気温はマイナス4度をさしていました。

写真を見れば分かるとおり、沖は北風が強く、曇天。指先の感覚がなくなるつらい一日でしたが、なんとか取材にはなってひと安心。出船が早かったので、12時前には港に戻ってきました。

ここまで来たからには行き先は決まっています。勝浦式担々麺の元祖と言われる「江ざわ」です。頼んだのは大辛、ついでに大辛カレーライスも。いずれも冷え切った体にはピッタリの味でした。

連休は釣り三昧

2011-01-10

3連休です。休み前に本誌も校了したので、この3日間なにも仕事はありません。ということはプライベートで釣りに行くか飲み続けるかのどちらかでしょう。

まず8日は久しぶりに一つテンヤに行ってみることにしました。同行は本誌でもおなじみ、付き合いのいい三石忍、港は外房大原のF丸さんです。午前便は9名で、このところ好調な太東沖かと思ったら、あにはからんや船は岩船沖へ。周囲にほとんど船はいませんが、探見丸の魚探にはイワシの群れがバッチリです。

これはイケる、と思ったのですが、上がってくるのは小型ばかり。どうもまだイワシの群れにマダイが着いていないようです。水温も急降下して15度台しかないと船長がボヤいています。

結局、船中ではキロ以下を中心にいい人で4枚くらい。ワタクシにいたっては放流サイズのみという貧果に終わってしまいました。ついでに大切に使っていた一つテンヤ用の竿の穂先を折ってしまいガックリ。ライン切れも2回で、完全に戦意喪失。

「午後も乗ろうよ」と忍ちゃん。完全に釣る気も失せていましたが、彼女の強引な誘惑に負けて午後船にも乗ることにしました。

港に戻って弁当をかっ込み、総勢10人で出船です。このころから海は落ち着いてきて、冬の大原には珍しく、無風ベタナギ状態です。気持ちよいクルージングで、今度は太東沖の大根まで足をのばします。

スタートからマダイの食いは順調でした。0.5キロ前後が多いものの、午前に比べれば雲泥の差です。そしてこの日、愛用のスピニングに初めてドラグを鳴らす良型が掛かってくれました。1.5キロ級ですが、今までの厄を払ってくれた会心の1枚でした。

5時半に納竿。サイズも午前よりややアップして、忍ちゃんもワタクシも7〜8枚は釣って大満足の帰港となりました。誘ってくれた忍ちゃんに感謝です。それでも約12時間も船の乗っていると、さすがに疲れます。自宅に帰ったのは9時近く、翌日はゆっくり寝ていようかなと思ったのですが……。

例によって早起きしたらいい天気。また釣りの虫がうずいてしまいました。勝山のM丸に連絡したら、風が強いけどなんとか出られるでしょうとのこと。すぐに支度を整え、勝山港へ向かってゴーです。

この日は西風が強く、午前船も出船したのはカワハギのみ。午後船も同様です。集まった釣り客は20人以上、大型の1号船はほぼ満席、ワタクシは左舷ミヨシよりに座ります。13時半に港を出て冨浦沖に向かいますが、ものすごいウネリ、まるで台風状態。これじゃ釣りにならんと、船は港近くの静かなポイントを選んでスタート合図。

それでもウネリは2メートル近く、釣りになるのかなあ、と思ったら1投目からアタリがきて18センチがごあいさつ。なんとそれから3連釣で、一躍トップに躍り出ました。

一時的に食いは渋りましたが、海は徐々にないできます。最後は浮島の南側で5時まで釣ってワタクシは11枚と少ないながら竿頭。満足できる釣りでした。

沖揚がりして、予定どおりM丸親方と常連さんたちと宴会です。実はこれが本命で、釣りはあくまでおまけだったのです。

店は岩井にある「みやけ」です。ここの親方は某有名鮨屋さんの板長が独立して開業した店で、味のよさには定評があります。おすすめは「白菜巻き」。真ん中にネギトロ、海苔の代わりに白菜が巻いてある巻き寿司の一種です。

その他、地元で取れた魚介類などをつまみに、ドンドン酒が進みます。話題はもっぱら釣りの話。途中で同宿のK船長、仲乗りのA君も参加し、大宴会に。ついに焼鳥屋で2次会まで進み、皆さんいい気分で10時過ぎに解散となりました。

ワタクシはそのまま勝山泊まり。歳のせいか、5時前に起きてしまったので船着き場まで行き、皆さんのお見送り。イカ船2隻にカワハギ船1隻が賑やかに港を離れた後、家路につきました。

結構ハードな2日間でしたが、不思議と疲れは残っていません。好きなことやってれば当然ですよね。さあ、これから明日のフラッシャー五目→アマダイのリレー釣りの準備しないと。

ドタバタ初釣り

2011-01-05

まずは12月30日の納竿釣行の写真をアップしておきます。年末に紹介したように、この日はワタクシにツキがあったようでした。乗りが渋い中、3杯を釣って竿頭。スピニングアオリはとってもおもしろい!

初釣りは当初、飯岡から一つテンヤの予定でした。人数を募ったら、来るわ来るわで13人も集まってしまい、急きょ仕立船に変更。やる気満々でいたところ、前日に船長から電話が入り、ウネリが収まりそうもないからやめたほうがいいとの連絡。

ウネリが収まらないのはやむを得ませんが、私らの釣欲は収まるどころかますます高くなっていきます。そこで、あちこちの船宿に連絡するも、3日はかき入れ時、船など空いているはずがありません。まして、皆さん釣りたい物がバラバラ。ようやく正月らしく赤い魚にしようと意見は一致、それからあちこち船を探しまくり、なんとか剣崎の一義丸の3号船を抑えることができました。

釣り物はオニカサゴ、保険でアマダイです。結局メンバーは8人に減り、朝6時に船宿集合。カワハギ、マダイ、アジで釣り客はいっぱい。船着き場には釣友のりょうさん、おケイさん、海馬さん、ブチさん、GONさんなど知り合いもいっぱい。これも剣崎ならでは、楽しい出船前のひとときでした。

さて、釣りのほうはオニカサゴの食いが今一つ。ツキジさんが良型を2尾釣ったのが目立つ程度、後は小型がポツポツです。ワタクシにいたっては放流サイズが1尾のみ。潮がまったく動かないのです。

そこで10時過ぎにアマダイにチェンジ。オニカサゴでは不調でしたが、ワタクシはたたいて誘う釣り方で中型を2尾。写真はサリーさんが釣った当日最大です。始めからアマダイを狙っていれば、といっても後の祭り。初釣りで凸らなかっただけでもよしとしましょう。

今週は3連休を控えています。実現しなかった一つテンヤマダイ、どこかの日に釣行する予定です。今年の目標は5キロアップ、今年は一つテンヤの釣行を増やしてなんとか達成するつもりです。

« Older Entries Newer Entries »

プロフィール

(株)つり情報社代表取締役。日本釣りジャーナリスト協議会事務局長。大好きなフグ釣りが高じて、千葉県フグ処理士、神奈川県フグ包丁士取得。
仕事で週1~2回は船に乗るが、プライベートでも月2~3回は船に乗る単なる釣り好き親父。釣り以外は居酒屋、ラーメン、パチンコ、競馬好き。基本的に右投げ、左巻き。東京都葛飾区在住。

最近のコメント




カレンダー

2011年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  


隔週刊"つり情報"オフィシャルブログ

Copyright© 2011-2012 Nobuyuki.Negishi All Rights Reserved.
Powerd by iRonProject with wordpress.